生産者紹介

あっきろさん

皆さんからそう呼ばれています。

 

 

長男が家を継ぐのが当たり前の時代、

6人兄弟の四男ですが

中学生のころ祖父から突然後継ぎを命じられ

家業を継ぐことになりました。

中学卒業後は、熊本県経営伝習農場にて

当時の近代農業技術を学びました。

 

だから、稲作だけじゃなく

蔬菜(そさい)園芸、果樹園芸にも

めっぽう詳しい。

 

 

卒業後、

稲作と林業が主だった当家で

「自分で何か始めたい!」と思い立ち、

祖父に10万円だけ資金を借りて

当時、地元では全く普及していなかった畜産(肥育)を

1頭の牛からスタート。

それから自己資金のみで百数十頭まで増やしました。

 

当初は熊本の名産『肥後のあか牛』でしたが

「黒牛の時代が来る!」と思い、

鹿児島県や宮崎県から黒毛和牛の子牛を

仕入れました。

言わば熊本黒毛和牛のハシリでした。

 

それから A5の12という最高ランクの

黒毛和牛を次々と出品し、

地域畜産業の発展に貢献して

小売業者から「平井さんの牛しか買わん!」

と言われるほど

ちょっと名の知れた畜産家になりました。

 

 

酒もタバコもギャンブルも全くやらない、

(私もやりませんけど)

農業が趣味であり人生ですから

稲作にもこだわります!

 

昔は品種ヒノヒカリを作っていましたが、

全て森のくまさんに替えました。

黒毛和牛と同じくうまい からです。

 

伝習農場で培った技術に現代農業の技術を取り入れ、

最高の品種を最高の味 にするため

お米にとって良いことは何でもやる80代です。

 

 

◆ イツコさん

母です。

 

 

わが家の データバンク 

毎年の稲作の記録や情報を記憶しており、

あっきろさんよりよく覚えています。

パソコンなど無い時代から

(あっても使えない)

よく色んなことを覚えていて

そういう点ではあっきろさんより頼りになります。

 

 

◆ 長男の友一(ゆういち)

 

 

ハワイ好きです。

 

もちろん、お米づくりとは関係ないです。

 

以前は仕事で海外に行くことがあり

それでハワイに行ったのがきっかけです。

1988年から30年以上、ほぼ毎年なので

ハワイ愛はなかなかですね。

 

Hawaiian Ⅿusic Ⅼive

一人で田んぼや山中で作業する時は

いつも聴いています。

まるでハワイの田舎で作業してるようです。

スマホって便利ですねー

 

もし前世があるとしたら

ハワイ諸島のどこかに暮らし

カメハメハ大王と共にハワイ諸島統一のため

戦った一人ではないか、

なんて思います。

 

 

お客様にも

ハワイ好きな方や興味のある方が

がいらっしゃったら

嬉しいな、と思って話しました。

 

 

2018年に会社を辞めて後継者になりました。

ずっと熊本にいなかったので

稲作については当然ド素人でした。

近頃は随分詳しくなったと思います。

 

 

私が 稲作にこだわっているのは、

まともなお米を届けたい!

に尽きます。

 

私は、稲作に不都合な真実がある

ことも知りました。

 

例えば、

地域の耕種基準を順守しない粗放栽培。

農薬・化学肥料・除草剤使い放題。

農水省のガイドラインや食品表示法無視。

新米は100%新米じゃない!

などなど。

 

なぜそうなの?

誰も見ていない からです。

どうせJAやライスセンターで

他のお米と混ざってしまうから、

そりゃ味も大事だけど

やっぱり収量・収入が第一なんです。

 

世の中は

コンプライアンスとかハラスメントとか、

2~30年前と比べたら

周囲の視線がとても厳しくなりました。

けれど農家は誰も見ていませんから。

 

野菜や果物みたいに

見た目が分かりやすい物ならまだしも

お米って見た目は生産者でも分かりません。

 

私は長い間消費者側で、料理や食材の

買い出しとか結構やってきたので

こうしたことがとても

気になるとです!!

 

うちのくまさんは発送まで

全部うちでやりますけど、

大口のお客様は旅館や施設なので

人が見てようが見ていまいが

品質を落とすわけにはいきません。

 

そして、

お客様に 継続して 買っていただける

信頼される農家でありたい。

 

だから安心していただけるよう

成分診断結果を取り

熊本県の認定もいただきました

稲作の様子は

なるべく日記でお知らせしたいと思います。

 

森のくまさんは

日本一に選ばれたくらいですから

品種としては非常に優秀です。

しかし、本当に美味しいかどうか、

安全かどうかは

田んぼ、生産者次第なのです。

 

ちなみに、

食味ランキング 特A 

という評価、

まるでその商品が評価されたみたいな

表示を見かけますが、

これは品評会用に毎年作られた(選ばれた)

お米の評価ですから

その商品自体の評価ではありません!

あくまで品種の評価として捉えるべきです。

 

これからも

こうしたこだわりで、

お米づくりに励みます!

 

あまりレビューをいただけないのは

ちょっと寂しいですが、

ご注文を継続していただいているのが

ご感想だと受け止めております。

 

まだまだ

至らない点も多々あるかと思いますが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Be Pono Do the Right Thing

マハロ