2019年10月12日、実るほど こうべを垂れる~

2019年10月12日(土)晴曇、長男の友一(ゆういち)です!

 

実るほど

こうべを垂れる

稲穂かな

うちの森のくまさん、

身がぎっしり詰まってもう地面に届きそうです。

謙虚すぎー!?

 

さて、

乾燥機の水分量が15%になりましたので

籾摺り(もみすり)  始めました!

 

乾燥機から籾摺り機へ移動です。

この中で籾を摺って、籾ガラとお米に分けてます。

籾ガラはトラックの荷台に排出!

お米はさらに選別機でクズ米等を取り除きます。

最後に出てくるのが

良質な玄米というわけです!

玄米に至るまでの工程

ご理解いただけましたでしょうか。

 

はい!

玄米に青い(緑色)米が混ざっていることに

気付きました?

そんなあなたは 鋭い

 

これは 発育不良 ではありません!

稲穂って、先っぽと根に近い方では

成熟度合いが違うんですね。

 

全ての稲穂が完熟してから刈り取ってたら、

先っぽの方は熟れ過ぎて味が落ちてしまうのです。

だからこの状態が

絶妙のベストタイミング!

 

しかも、この青いお米が混ざっていると

ご飯の甘みが増して

さらに モチモチ感 も出るんですよ!

こうゆうのって

スーパーのお米じゃ分かりませんよね。

 

こちらは

地元温泉旅館 花富亭 

御用達米 として出荷いたします。

 

すでに予約注文いただいているお客様、

大変お待たせして申し訳ありません。

もう間もなくでございます!

発送完了次第、メールでお知らせいたします。

もう少々お待ちください。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。