2020年5月20日、播種(はしゅ)

2020年5月20日(水曜)、長男の友一(ゆういち)です!

 

播種(はしゅ)とは、種まきのことです。

令和2年産 森のくまさんの種まきを始めました!

 

5月12日に種を消毒して毎日水を入れ替えながら

浸種(しんしゅ)が完了しました。

昨夜、この種籾をムシロに広げて干しておきました。

そして播種機を使って苗箱に撒いていくのです。

 

①土入れ 回転ブラシで土を均します。

②水撒き後、種を均一に蒔きます。

③土を覆いかぶせます。

昔はこれ全部手作業でやっていたのを

微かに覚えています。

本当に、便利になったものです。

 

種まき、覆土(ふくど)が完了した苗箱を

苗床(なえとこ)に移動して手渡しで並べます。

それから、和紙とネットを被せました。

 

川から水を引いて苗床に流します。

しっかり水に浸かってしばらくしたら

水を抜きます。

苗箱が水に浸かったままだと

芽が出ないので…

 

 

午前8時から始めて、ちょうど正午

こうして今年の播種作業が完了しました!

次回から発芽の様子をお伝えしていきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。