2021年8月24日(火曜)、出穂(しゅっすい)始まる。

連日続いた雨がひと段落したようですが、

まだ空は曇っていて

まだこれからも降りそうな気配です。

 

雨が降らず、これくらいの天気だと

涼しくて田んぼの作業はやり易く、

熱中症の心配もなく

今は畦の草刈りに励んでいます。

 

 

草刈りをしていたら

見つけました!

走り穂 っていうやつですね、

(この辺りでは使いませんけど)

田んぼで一番早い稲穂です。

 

 

田んぼの約半数が出穂すると

出穂期 と言うんですね。

 

出穂するとすぐ開花して

受粉を始めます。

稲の花 こちらです!

 

花びらはありません。

雄しべが伸びて出ているだけです。

 

穂先から順番に咲き、

全部開花するまでに1週間かかります。

ずれて花を咲かせるのは、

確実に子孫を残すためなのだそうです。

 

なかなか

晴天を拝めない日々が続いていますが、

森のくまさんは順調に育っていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。